【未上場】待ち望んだ国産蛍光色素Fluolid 株式会社アイエスティー | バイオベンチャーリサーチ

*

【未上場】待ち望んだ国産蛍光色素Fluolid 株式会社アイエスティー

公開日: : ブログ, 未上場バイオベンチャー

あまり知られていないが、研究用試薬を扱う会社の売り上げは恐ろしい。医学部の研究費が膨大だからだろうか?

 

サーモフィッシャーサイエンティフィック社などは買収を繰り返し、今では一兆円を遥かに超える超大企業だ。applied biosystems やinvitrogenを買収したときはとにかく驚いた。だが、残念なことに、ライフサイエンス系の試薬は、とにかく輸入品が多いのだ。自分が仕事で購入す得るときは、可能な限り、国産品を使うようにしているが。。。

 

分子生物学分野の実験で書かせない蛍光色素、これらはほとんどが海外のものだろうと思う。今回紹介する蛍光色素「Fluolid」は国産の蛍光色素であり、その性能も驚くべきものだ。個人的に大ヒットして欲しいと強く願っている。こういう製品を紹介するために本ブログを立ち上げたといっても過言ではない。

 

株式会社アイエスティー

九州大学発の蛍光色素、がん診断技術等へ応用可能な国産バイオツールとして実用化へ

九州大学発の蛍光色素、がん診断技術等へ応用可能な国産バイオツールとして実用化へ

Fluolid-W(緑、黄、橙、赤)をテスト販売中。 改良型Fluolid-PMを販売予定/株式会社アイエスティー

フランスで販売されているのか?

コスモバイオでは販売終了?

 

いくつかリンクを上げてみた。残念な事に、明確に販売されている根拠は見当たらなかったが、この製品が素晴らしいことは保証できると思う。なぜなら、直接、社長の講演をお聞きしたからだ。現在も鋭意改良中と言うことであった。もっと言えば、一緒にタバコまで吸った←←←

 

 

特徴としては、励起波長と蛍光波長の差(ストークスシフト)がとても大きい。これは、蛍光色素として、とんでもなく使いやすいのだ。実験したことがある人にはわかると思うのだが、簡単に説明することが難しい。説明する実力が無いのが悲しい。

 

そして、恐ろしく安定であること。蛍光色素というのは、あっという間にその蛍光を失ってしまうことが多い。だから、-20℃で冷凍保存する必要がある。このFluolidは、日光下で、数年間も安定であるとされている。これが意味することは何か?「絶対にねつ造出来ない」ということだ。これまでは不可能だった、スライドガラスそのものを保管することが出来る。自分にとって蛍光色素はなじみ深いモノなので、断言することが出来る。

 

ライフサイエンス系の実験をされている人には、是非とも使ってみていただきたい。入手可能なのだろうか?実際、一度条件をキメてしまうと、ルーチンで行うことが非常に多い。実験条件を変更するのは骨が折れるのもわかるが。。。

 

 

蛍光色素の需要というのは、がんの組織診断から、遺伝子検査診断薬まで、本当に多岐に渡る。リンク先に書いてある市場は、おそらく正しいし、今後、需要が増えるのも間違いないと思う。

 

 

絶対に成功し、世界中でこの製品が使われることを楽しみにしている。今後も情報がわかったら更新していきたい。

関連記事

no image

【つぶやき】イギリス国民投票が終わって数日間考えたこと

余所の方の主張を受け売りしてしまう部分も多々あるんですが…。 ちょっと感じた事をいくつか。

記事を読む

no image

【ブログ】完璧に緑内障になっちゃったよー

どうも。海外出張やらで死ぬほど疲れた流れを引きずり、あまりいいリズムで生活出来ていないDFKPさんで

記事を読む

【バイオ株】アンジェスMG

すぐブログをサボってしまうっていう悲しい性‥。 本来の目標である、小さなバイオベンチャーにスポット

記事を読む

【そーせい】 株価高騰 そして 一区切り 

さて、皆さんご存知のとおり、そーせいの株価が上がっております。皆さんお喜びのことと存じます。ヘプタレ

記事を読む

no image

【ブログ】俺はゲーム株に投資することは出来ない…

モンスターストライクっていうスマホの今回、友達に強く進められて、スマホのゲームをちょっとやってるんで

記事を読む

no image

【閑話休題】定期預金してみた結果www

バイオベンチャーの話とは違うんですが、東京三菱UFJ銀行から、お手紙がきまして、その内容に笑ってしま

記事を読む

no image

【閑話休題】読書感想文: 「創薬が危ない」 を読んで

【楽天ブックスならいつでも送料無料】創薬が危ない 価格:972円(税込

記事を読む

no image

【閑話休題】日経BP 宮田満氏にフォローされてびびった

今日の午前中、日経BPの宮田満氏からツイッターでフォローされて驚きました。 宮田満氏に関してはこち

記事を読む

no image

【閑話休題】バイオ系の実験道具を楽天で購入することができるか検証してみた

ちょっと温めていたネタからひとつ。   暇なんで、いわゆるバイオ系で良く使う実験機器を

記事を読む

no image

【閑話休題】2007年に似てきたような気がする

市場は、どうにもこうにも2007年に似てきた気がしてしゃーないんですよね。徐々に下げてって、ちょっと

記事を読む

Comment

  1. 礒部信一郎 より:

    アイエスティーの礒部と申します。

    蛍光色素の検索をしていたところ、貴HPに辿り着きました。

    ありがとうございます。

    一緒にたばこを吸ったとのこと、どなたかは憶えております。

    Fluolidは新型品の開発が終わりましたので、近く、販売を行います。また、診断薬として某メーカーに採用されており、今後期待が持てるところとなりました。

    横浜でのBio Japanに、久留米リサーチパークと共に出展いたします。多分、大手企業とのコラボについても発表を行う予定ですので、今後とも、宜しくお願い申し上げます。
    この他、蛍光電子顕微鏡も開発が進んでおり、世界でも例のない顕微鏡を実用化する覚悟でおります。大手顕微鏡メーカー様の協力もあり、プロトタイプ機がまもなく完成します。

    Fluolidは、電子線に対しても褪光性が高いので、試薬として電子顕微鏡でも使えます。まもなく、免疫染色のカラー電子顕微鏡画像が撮れるようになると思います。

    今後とも、宜しくお願い申し上げます。

    • DFKP-bio より:

      礒部信一郎 先生

      コメントありがとうございます。

      Fluolidの開発が順調とのことで、お喜び申し上げます。

      少しでもベンチャー企業のPRになったり、株式投資が趣味の方々に興味を持ってもらえたりするように、
      時折こういった記事を書いております。

      内容に失礼な点はありませんでしたでしょうか?
      またコメントにいただいた内容を再度ブログに書かせていただいてもかまいませんでしょうか?

      頂いたメールアドレスにもメールさせていただきました。もし機会がありましたら、再度ブログに訪れていただけますよう、お願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


no image
【はじめに】ご挨拶及び本サイト立ち上げの意図

2000年代、星の数ほどのバイオベンチャーが起業し、そして、消えていき

no image
【つぶやき】公的な研究予算の審査に疑問があるのよね。。。

これはほんとにつぶやきなんだけど、偉い先生も同じこと言ってたので、そん

no image
【LTTバイオファーマ】なんか、もうね、ウンザリ

最近、LTTバイオファーマ界隈で色々あるみたいなんですよ。。。このブロ

no image
御無沙汰しています久しぶりの更新です【広告付】

御無沙汰してます。久しぶりの更新になりました。 自分としては今年結婚

no image
【未上場】【コロナウイルス】バイオコモに注目中

最近注目中のベンチャーについてちょっとだけ書こうと思います。 三重大

no image
【つぶやき】今年の印象深いトレードを一つご紹介

今日は大納会でしたね。現在、とっても株高が続いていて、とっても驚いてい

→もっと見る

  • 【DFKの自己紹介】
    バイオベンチャーの成功を願う一般人ブロガー。職業はメーカーの研究職。株式市場においてバイオセクターが成功して欲しいと願う一方で、未上場のバイオベンチャー企業やバイオテクノロジーのトピックについて、勉強しながらブログを更新しています。

    【個人blogです】
    DFKP Official

    【友人blogです】
    Country Programmer

    【相互リンクしています】
    空回りしない投資へ

    【お問い合わせはこちら】
    [contact-form-7 id="1095" title="御意見はこちらから"]

PAGE TOP ↑