【未上場】待ち望んだ国産蛍光色素Fluolid 株式会社アイエスティー | バイオベンチャーリサーチ

*

【未上場】待ち望んだ国産蛍光色素Fluolid 株式会社アイエスティー

公開日: : ブログ, 未上場バイオベンチャー

あまり知られていないが、研究用試薬を扱う会社の売り上げは恐ろしい。医学部の研究費が膨大だからだろうか?

 

サーモフィッシャーサイエンティフィック社などは買収を繰り返し、今では一兆円を遥かに超える超大企業だ。applied biosystems やinvitrogenを買収したときはとにかく驚いた。だが、残念なことに、ライフサイエンス系の試薬は、とにかく輸入品が多いのだ。自分が仕事で購入す得るときは、可能な限り、国産品を使うようにしているが。。。

 

分子生物学分野の実験で書かせない蛍光色素、これらはほとんどが海外のものだろうと思う。今回紹介する蛍光色素「Fluolid」は国産の蛍光色素であり、その性能も驚くべきものだ。個人的に大ヒットして欲しいと強く願っている。こういう製品を紹介するために本ブログを立ち上げたといっても過言ではない。

 

株式会社アイエスティー

九州大学発の蛍光色素、がん診断技術等へ応用可能な国産バイオツールとして実用化へ

九州大学発の蛍光色素、がん診断技術等へ応用可能な国産バイオツールとして実用化へ

Fluolid-W(緑、黄、橙、赤)をテスト販売中。 改良型Fluolid-PMを販売予定/株式会社アイエスティー

フランスで販売されているのか?

コスモバイオでは販売終了?

 

いくつかリンクを上げてみた。残念な事に、明確に販売されている根拠は見当たらなかったが、この製品が素晴らしいことは保証できると思う。なぜなら、直接、社長の講演をお聞きしたからだ。現在も鋭意改良中と言うことであった。もっと言えば、一緒にタバコまで吸った←←←

 

 

特徴としては、励起波長と蛍光波長の差(ストークスシフト)がとても大きい。これは、蛍光色素として、とんでもなく使いやすいのだ。実験したことがある人にはわかると思うのだが、簡単に説明することが難しい。説明する実力が無いのが悲しい。

 

そして、恐ろしく安定であること。蛍光色素というのは、あっという間にその蛍光を失ってしまうことが多い。だから、-20℃で冷凍保存する必要がある。このFluolidは、日光下で、数年間も安定であるとされている。これが意味することは何か?「絶対にねつ造出来ない」ということだ。これまでは不可能だった、スライドガラスそのものを保管することが出来る。自分にとって蛍光色素はなじみ深いモノなので、断言することが出来る。

 

ライフサイエンス系の実験をされている人には、是非とも使ってみていただきたい。入手可能なのだろうか?実際、一度条件をキメてしまうと、ルーチンで行うことが非常に多い。実験条件を変更するのは骨が折れるのもわかるが。。。

 

 

蛍光色素の需要というのは、がんの組織診断から、遺伝子検査診断薬まで、本当に多岐に渡る。リンク先に書いてある市場は、おそらく正しいし、今後、需要が増えるのも間違いないと思う。

 

 

絶対に成功し、世界中でこの製品が使われることを楽しみにしている。今後も情報がわかったら更新していきたい。

関連記事

no image

【そーせい】JITSUBO社についてちょっとブログ書いてみる

ここんとこ、そーせいの事ばっかり書いてたせいか、アクセス数が急増しております。自分としては痛し痒しな

記事を読む

no image

【ブログ】人生における損切りの重要性

おはようございます。朝から考えていた事をブログ更新。まぁ標題の通りなんですが。 株式投資家として、

記事を読む

no image

【閑話休題】やりたいことがあるというのは素晴らしい

この間、出張して色々最新の情報を入手しに行ってきました。そこで感じた事を基に一つブログ更新をしようか

記事を読む

【閑話休題】長期投資が目標だったけど、実際厳しい。。。

大分前から考えていたことなんですか、株はやはり、チャートを理解できる人が強いなと思いました。

記事を読む

no image

【最近の様子】毎度ご無沙汰ですいません…2015.09.30

十日以上ブログ更新しないって、ほんま最低ですね、見に来てくださった方には申し訳ないです。 最近は残

記事を読む

no image

【最近の様子】2014.10.16 日経平均が一時的に戻って‥

昨日は、当Blogにお越しいただいた方が、紹介した様々なバイオベンチャーのHPを見てくださったようで

記事を読む

no image

【そーせい】株価は値頃より日頃、ブログも一緒かな?

さて、今日はブログにものすごいアクセスがあって驚いています。皆さんそーせいの件が心配なんでしょうね、

記事を読む

【そーせい】歴史上意味のある日だったが、ミソがついた・・・

久しぶりのそーせいブログですが、今日は仕事とプライベートで嫌なことがあった上に、株でも不愉快なことが

記事を読む

no image

【最近の様子】2016.01.28 バイオ株強くなった?

相変わらず適当なブログしか更新してませんが、またも適当な更新で。残業するとブログとか書く気力が出ませ

記事を読む

no image

【最近の様子】2014.06.12

相変わらず日経平均が高いですね。 いろんな銘柄で、わかりやすいトレードをするわけにはいかない状況だ

記事を読む

Comment

  1. 礒部信一郎 より:

    アイエスティーの礒部と申します。

    蛍光色素の検索をしていたところ、貴HPに辿り着きました。

    ありがとうございます。

    一緒にたばこを吸ったとのこと、どなたかは憶えております。

    Fluolidは新型品の開発が終わりましたので、近く、販売を行います。また、診断薬として某メーカーに採用されており、今後期待が持てるところとなりました。

    横浜でのBio Japanに、久留米リサーチパークと共に出展いたします。多分、大手企業とのコラボについても発表を行う予定ですので、今後とも、宜しくお願い申し上げます。
    この他、蛍光電子顕微鏡も開発が進んでおり、世界でも例のない顕微鏡を実用化する覚悟でおります。大手顕微鏡メーカー様の協力もあり、プロトタイプ機がまもなく完成します。

    Fluolidは、電子線に対しても褪光性が高いので、試薬として電子顕微鏡でも使えます。まもなく、免疫染色のカラー電子顕微鏡画像が撮れるようになると思います。

    今後とも、宜しくお願い申し上げます。

    • DFKP-bio より:

      礒部信一郎 先生

      コメントありがとうございます。

      Fluolidの開発が順調とのことで、お喜び申し上げます。

      少しでもベンチャー企業のPRになったり、株式投資が趣味の方々に興味を持ってもらえたりするように、
      時折こういった記事を書いております。

      内容に失礼な点はありませんでしたでしょうか?
      またコメントにいただいた内容を再度ブログに書かせていただいてもかまいませんでしょうか?

      頂いたメールアドレスにもメールさせていただきました。もし機会がありましたら、再度ブログに訪れていただけますよう、お願いいたします。

DFKP-bio にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


no image
【はじめに】ご挨拶及び本サイト立ち上げの意図

2000年代、星の数ほどのバイオベンチャーが起業し、そして、消えていき

no image
【ブログ】統計を勉強しておけば良かった

今(というか過去何年も)、一番勉強しておけば良かった!という後悔が強い

no image
【そーせい】ロジックが破綻してるで!

さて、そーせいについてブログ書くのも久しぶりだな。私のブログのスタンス

no image
【LTTバイオ】2018 議決権行使のお願い 到着

ブログを開けたら、LTTバイオの記事にたくさんアクセスがあって、「ああ

no image
【つぶやき】昨日たくさんいいね貰ったし、仕事頑張るわ

昨日の晩に書いたブログは予想外にいいねをたくさんもらったし、少しやる気

no image
【ブログ】研究職で良かったと思うこと

相場に関しては、また書かないとね…。実際僕も辛いです。だけど、そんなと

→もっと見る

  • 【DFKの自己紹介】
    バイオベンチャーの成功を願う一般人ブロガー。職業はメーカーの研究職。株式市場においてバイオセクターが成功して欲しいと願う一方で、未上場のバイオベンチャー企業やバイオテクノロジーのトピックについて、勉強しながらブログを更新しています。

    【個人blogです】
    DFKP Official

    【友人blogです】
    Country Programmer

    【相互リンクしています】
    空回りしない投資へ

    【お問い合わせはこちら】
    [contact-form-7 id="1095" title="御意見はこちらから"]

PAGE TOP ↑